FC2ブログ

ふぅ

4年生の中間報告会終了。

1人大体45分から1時間はかかりますから、1日仕事ですね。
どんどんと進展している人もあり、なかなか難しい人もあり、いろいろですが、まだまだ挽回は可能。
これから、ですよ、卒研は。

明日から後期の始まり。
もう10月なのか。
また、明日からは京大のK先生に来て頂いて、集中講義です。

帰熊

夜の10時半過ぎに無事に帰熊しました。

今回の学会も、いろいろな人と話し続けていました。
いゃぁ、いろいろと話すことがあって、ちょっと喉が痛いくらい。

さて、月曜日からの週で、もう10月に突入です。

学会中

学会中。
今日無事に学生さんの発表も終わりました。

昨日は牧野植物園に行きました。

よかったなぁ。
牧野富太郎写真集まで買っちゃいました。

明後日から学会

明後日から学会です。
学生の皆さんも、ほぼ発表の準備は完了。



はやいなぁ。



そうそう。今回はパソコンを持たずに、iPhoneだけで乗り切ってみようかと、ちょっと考えています。
乗り切るようなものがあるかどうかは別として・・・。

エンジェル

6年飼っていたエンジェルフィッシュがとうとうお亡くなりになってしまいました。

今日、子供達と埋めてあげました。

合掌

学会

来週から植物学会です。

我々が熊本で植物学会をしたのが2006年。
もう、2年も経つのかぁ。

明日の午後は発表する人の練習会です。

HD

最近、更にコンピュータのデータが増えています。
学生さんが卒業するときに引き継いだデータや、学生さんが発表した学会発表のデータ等。
これらは基本的にCDかDVDで貰うわけですが、何かの拍子に見たいとき、そのディスクを探すのは、私の手作業。

うーむ。これでは。

ということで、タイムマシーン用の外付けとは別に、1TBの外付けハードディスクを購入。
CD等のコピーのあるデータはどんどんこちらに放り込むことにしました。
1TBで5万円しないのですから、安くなりましたねぇ。

残念なのはせっかくfire wire800のを買ったのに、fire wire接続だと電源連動機能が使えないこと。これは知りませんでした。
わざわざ毎回電源を落とすのは嫌なので、結局USB2.0で接続。

これで少しは効率がUpするかな。

ハゼ

木曜日の熊日にハゼが釣れ始めているという記事がでたので、よっしゃ、とハゼ釣りに行ってきました。
場所は、新聞にでていた海路口漁港(うじぐち、と読むらしい)。

大きな地図で見る

前日にエサのゴカイを買って、朝の5時に起きて、6時出発。
現場についたのは、6時半。30分で着きます。

仕掛けは中通しオモリがついた一本針のハゼ用仕掛けを買ってきたので、それを使いました。
まずは上の子のを準備して、上の子が投げ込んで、次に下の子の準備・・・・ハイ、お兄ちゃんに一匹目来ました。
下の子の仕掛け作りが間に合わない。

結局、12時まで粘りましたが、やはり朝によく釣れたかな。
台風の影響で雨を心配しましたが、一滴も降らず。ラッキーでした。
今(15日朝8時)はかなり降ってますね。

釣果は全員でハゼが30匹ほど。小さいのは逃がしましたから、釣ったのは40匹ほどかな。
あとは、下の子がウキの仕掛けで釣ったセイゴとアジが一匹でした。
20cmを越えてるのも4~5匹。大体が10cmオーバー。
熊本は港ででかいハゼが釣れますねぇ。

帰ってから、唐揚げ、塩焼き、刺身と料理して食べました。
すぐに行けるので、また行ってみようかな。

レビュー

先週の2日に知らない外国人の方からメールがあって、この時はあまりよく見ずに、ぽいっ、と。
放置しておいたら、もう一度メールが来まして、それでよく読んだら来年出すspecial issueでレビューを書かないかというお誘いでした。
微妙に分野がずれているかもしれないですけどいいですか、というメールを出したところ、大丈夫というお返事。
なので、レビューを書くことにしました。丁度そろそろ一度まとめないといけないとは思っていたので、いいタイミングかな。

たまに大事なメールが入っているので、ほんと、気をつけないと。

知事の決断

熊本県民にとって、今日は、もしかすると、歴史的な一日になるかもしれません。

http://www.asahi.com/national/update/0911/SEB200809110002.html

新薬誕生

今読んでいる本が、「新薬誕生」ロバート・シュック著 ダイヤモンド社 2400円

これは、面白い本です。
現在でている7つの薬について、その医薬品の開発がどのように行われたのか、ということを語っています。
対象は、エイズ治療薬のノービアや、統合失調症の薬であるセロクエルなど。
これらの薬をだしている会社は2007年の売上のランキングでいくと、14位のアボット以外は全て10位以内に入っている会社ばかり。ちなみに、日本で最大手の武田が17位。
高コレステロール血症治療薬のリピトールが取り上げられているファイザーが一位で、売上が444億ドルだそうです。研究開発費が80億ドル(http://www.utobrain.co.jp/news-release/2008/ こちらを参考にさせてもらいました)。

やれ製薬会社は結局はビジネスになることしかしない、とか陰口を叩かれたりすることもあるようですが、これを読むと、病気で苦しんでいる人を助けたいという純粋な気持ちが新薬を開発している研究者の皆さんを進ませているのだな、ということがわかります。

MRを目指すような人だと必読ではないかな。

英文校閲

 我々、研究の成果を英語の論文として発表しているわけですが、英語がパーフェクトかっていうことになると、これには全然自信がありません。意味は通じると思うんだけど、やはり奇妙な英語になっているという部分は、もうこれは仕方なく、あるんですね。

 日本語で例を出してみると・・・
「このAという物質をコケ植物に与えたところ、コケ植物の葉緑体は巨大になっちゃったんだよ。それで、次の実験として、Aと同様の効果を持つBで試してみたところ、これまた巨大化したんだな。」

 まぁ、極端に言うと、こんな文章を書いているんじゃないか、という不安があるわけですね。どんな原著論文であっても人類の知恵として、人類が滅亡するまで(多分)残るものですから、こんな文章が残るのは困るなぁと。
 それで、どうするかいうと英文を校閲してくれる会社があるので、論文を書き終えたらお金を払ってそこで英語が変でないかをみてもらうわけです。私は学生のときから一つの会社を使っているのですが、どうも最近質が落ちてきたような気がする。
 今回酷かったのは、英語の校正をせずにまるまる文章を削っちゃった部分があったこと。論文の構成として必要な文章を入れているので、勝手に削ったりするのは英文校閲の範疇を越えてます。返ってきたテキストについて、こちらからコメントをつけて質問することができるのですが、流石に今回はかなり「怒った」感じでコメントを返信しちゃいました。
 あと、わざわざバックグラウンドを説明してやらないときちんと校正できない、ってこともよく起きてますね。まぁ、完全に分野を合わせることはできないと思うんですが、本当に生物学やってんのか? てこともたまに。誰が校閲しているかわかりませんが、学生のアルバイト? みたいな感じですね。勿論、英語はできるんだろうけど、英語ができれば論文書けるかっていうと違いますからね。

 最近はいろいろなところで同様のサービスをやっているので、別のところを今度は使ってみようかなぁ。
 どなたか、いい会社ご存知の方はいませんか?

最近読んだ本

最近読んだ本。備忘録的に。

「自己評価の心理学」紀伊国屋書店 クリストフ・アンドレ&フランソワ・ルロール著 2200円
 最近、本はインターネットを通して紀伊国屋から買うことが多いのですが、この本は紀伊国屋からのお知らせメールで知って購入した本。いろいろな点でかなり参考になりました。この辺に興味のある人は買って損が無い本。

「グラフで9割だまされる」ランダムハウス講談社 ニコラス・ストレンジ著 1600円
 これも紀伊国屋からのお知らせメールが最初で買った本でした。それなりに面白いが、研究で作る図とは全くの別物。研究者の人が読んでもあまり役に立たないかな。

「非公認Googleの入社試験」竹内薫著 952円
 話題になっているみたいなので、今読んでいる最中。それなりに面白いけど、もっと面白くできたような気もする。入社試験が題材で、「それなりにおもしろ」ければ秀逸?

研究室旅行

先週の研究室旅行のこと。
今回も写真で。

IMG_1784_45.jpg
泊まったのはここ。天草の牛深にあります。元は、大江中学校だったそうな。
ここの二階に泊まりした。

IMG_1807_45.jpg
今回は我々しかいなくて貸し切り状態。部屋は教室にたたみがひいてあります。
教室そのままなのが、面白い。

IMG_1785_45.jpg
すぐ近くがもう海です。初日の夕方はここで子供達と釣りをしましたが、ぼらが一匹。そのぼらは、猫に取られました。
二日目は、違う港に連れていかれましたが、そちらではかわはぎやアジコなど20匹以上。小さいですが子供たちは喜んでました。

IMG_1780_45.jpg
ちょっと寄り道して牛深にある崎津天主堂も見てきました。厳かないい教会でした。

なかなか楽しかったかな。

Moss2008の写真2

昨日に引き続き、写真をUp。

IMG_1617_45.jpg
これはヘルシンキ駅での写真。昨日載せた市場にも一杯似たようなお店がでていましたが、ここのも美味しそう。イチゴなどを買って食べてみましたが、美味。

IMG_1622_45.jpg
これは会議があったタンペレの写真。フィンランドは水の国でした。川のこんな近くまで建物が建っています。洪水とかないのかな、と他人事ながらちょっと気になります。

IMG_1633_45.jpg
これはさっきとは違う場所ですが、夜になるとこんな感じの場所も。ライトアップがきれいでした。

IMG_1626_45.jpg
タンペレには有名な「この人」がいます。

IMG_1645_45.jpg
で、今の時期に有名なのがザリガニ。結構美味。

IMG_1656_45.jpg
Forest Tourではタンペレ近くの湖に行きました。

IMG_1653_45.jpg
コケやシダがいっぱい。

Rainy Summerと言っていた人がいましたが、本当にそうで、よく雨が降ってました。それに、晴れているなと思っても、通り雨が来たり。傘が手放せない旅行でした。

Moss2008の写真

写真のデータを小さくしなくてはいけなかったり、ちょっと面倒だったので写真をUpしてませんでしたが、今日・明日はどどん、と写真にしてみます。

>覚書
今のカメラ(IXY)の写真だとPhotoshopで開いて、横幅を45mmにして、圧縮率中で保存したものを取り込むのがいいみたい。

IMG_1757_45.jpg

まずは、お試し。

IMG_1755_45.jpg

ヘルシンキは海に面しているので、港に市場がでる、ってのが有名なんだそうです。
この写真はそれを覗きにいったところ。

ヘルシンキの港には、やはりかもめ、ですよねぇ。
プロフィール

takanohiroyoshi

Author:takanohiroyoshi
熊本大学 大学院先端科学研究部/パルスパワー科学研究所 教授

以前の ほでりぽ
以前の ほでりぽ は 下にあるリンクからどうぞ
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード