FC2ブログ

もらった

明日から出張。
今日は準備。

でも、午前中は皆の修論の訂正。

頑張っていたら、Tさんが「ふわり」というお店のシフォンケーキを2つくれました~。

うまい。ありがとう。
すっごいふわふわだぁ。

お店はここ。知らんかったので、今度機会があったら買ってみよう。
http://r.tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43001255/

追記
今、今度はNさんから黒こしょう肉まんをもらいました~。
うん。こちらもうまいっ。

ライトセーバー

今週末の会議に向けて色々と忙しくしていたりするのですが・・・
今回はそれとは全く関係なく、iPhoneのアプリケーション Lightsaber Unleashed

iPhoneを振り回すとライトセーバーのあの音が鳴る、っていうソフト。
ほんと馬鹿だ・・・いゃ~~おもろい。

前から気になっていたのですが、ちょっと入れてみた。
子供達がはまりそうでしたが、どこかにiPhoneが飛んでったらまずいのですぐに取り返しました。

皆、頑張れ

卒論、修論最後の追い込み。

皆、頑張れ!!

英単語のイメージ

前に「ハートで感じる英文法」をお勧めしたことがありましたが、そのときのお二人による英語本がでていました。
本屋で見かけて早速購入。
「英単語イメージハンドブック」
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-86228-025-1.html
まだ最初しか読んでないのですが、うん、これもお勧め。
何と言っても読んでいて面白い、のがいいです。

Inauguration

昨日は寝ちゃったのでliveでは見てないのですが、ビデオがいろいろ既に出ているみたい。
http://www.asahi.com/international/090121douga.html
YouTubeにもあるみたい。

英語の全文
http://www.asahi.com/special/081113/TKY200901200391.html

全文の日本語訳
http://www.asahi.com/international/update/0121/TKY200901210035.html
もでているので、英語の教材としては格好かも。

新たに覚えた単語
inauguration, oath等

今日は

大寒でしたね。

でも、結構暖かい。
ちょっと前はかなり寒かったですが、一息ついてます。

明日は

明日はセンター試験ですね。
土日には弱い雨が降るかもしれない、とのことですが、あまりひどい天気ではなさそう。
大雪で機能が麻痺する、なんていう感じでなくて、とりあえずはよかった。

受験生の皆さん、頑張ってください。

科研費

科学技術研究費のホームページに「私と科研費」という新コーナーができていました。
今月から。
最初の執筆者が昨年ノーベル賞を受賞された小林誠先生。
こちらから読めます。http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/29_essay/index.html

特に基礎研究者の方は一読を。

積み残し

昨日紹介できなかった分を2つ紹介しておきます。

一つは「研究・留学のための理系英語」という本で紹介されていたネット教材ですが、なかなか良さそうです。

Adult Learning Activities http://www.cdlponline.org/

あと、著作権関係がよくわかりませんが、YouTubeでのビデオ
10の羃乗 http://jp.youtube.com/watch?v=wTwvkGjsNEY

本日のまとめ

今日の理学部1年生向けの生物の講義では、インターネットで学ぼう、ということでインターネット上のコンテンツを紹介しました。

感想を書いてもらったら、ここを読んでいる人もいるみたいなので、今日のインターネットのページをまとめておきます。

MIT OPENCOUSE http://ocw.mit.edu/OcwWeb/web/home/home/index.htm

Nature Podcast http://www.nature.com/nature/podcast/

サイエンスチャンネル http://sc-smn.jst.go.jp/

前に紹介したサイトですが、こちらもお忘れなく・・・

DNA interactive http://www.dnai.org/index.htm

ノーベル財団 http://nobelprize.org/

GCOE合宿中

なんとかロビーではネットに繋げるので、途中経過のUpなど。

初日に30分のレクチャー。
昨日はdinner partyで、最後に締めてくれ、とのご指名。
で、やりましたよ。三本締め。
外人の方にやり方を説明して。(勿論英語でね)
我ながらなかなか良い締めができたか、ということで皆さんにも好評、でした。

・・・自分のレクチャーより反響が大きい気がするのは、気のせい?・・・・

明日から

明日からGCOE関係で天草の合宿に行ってきます。
8日から11日まで。

どうやら向こうはネットの環境があまりよくないみたいなので、更新はできないかも。

さ~て、ほでりぽ更新するより、明日の30分の英語でのレクチャーの準備しなくっちゃ。

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

研究室は今日から正式に始動。
しょっぱなの研究室セミナーの担当が私。

ということで、今日紹介する論文はこちら。

Building the invisible wall: updating the chlamydial peptidoglycan anomaly
Andrea J. McCoy, Anthony T. Maurelli, Trend Micobiol. 14, 70-77 (2006)

こいつはレビューなので、いくつかの論文を取りまとめて紹介予定。
以下は、今回の論文紹介の要旨です。

クラミジアは動物細胞内で増殖する寄生性の細菌であり、特にC. trachomatisは失明を引き起こす結膜炎や非淋菌尿道炎の原因菌である。クラミジアは、グラム陰性細菌に近いが、ペプチドグリカン(PG)は持たないと考えられてきた。しかし、1998年に出た全ゲノム配列の論文はクラミジアがPG合成系の遺伝子の多くを持っていることを示した。更に、PG合成阻害剤ペニシリンによるreticulate body(RB)状態のクラミジアの分裂阻害等のデータがPGの存在を示唆することから、PGに関する矛盾はクラミジアのPG anomalyと名づけられている。クラミジアがPGを作るにあたっては、(1) MurEの基質となるmeso-diaminopimelateの合成系が見つからない、(2) D-アミノ酸を作るための異性化酵素が見つからない、(3) bifunctional typeのPBPが見つからない(glycosyltransferaseを持ったPBPがない)等が問題となっていた。近年、この(1)に関して、植物とクラミジアで共通する新規のmeso-diaminopimelate合成系が見つかったことなども含め概説したい。
プロフィール

takanohiroyoshi

Author:takanohiroyoshi
熊本大学 大学院先端科学研究部/パルスパワー科学研究所 教授

以前の ほでりぽ
以前の ほでりぽ は 下にあるリンクからどうぞ
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード